トムブラウンコピーNEW!! 男性におすすめトムブラウンクラッチバッグコピー

NEW!! 男性におすすめトムブラウンクラッチバッグコピー

THOM BROWNEコピーのブランドヒストリー

1965年、アメリカ生まれ。ノートルダム大学で経営学を専攻していたトム・ブラウンは、卒業後俳優を目指しLAへ引っ越します。オーディションや広告撮影に参加するうちにヴィンテージのテーラードスーツに魅了された彼は、1997年にNYへ移住。ファッション界へ転身し、Giorgio Armani(ジョルジオ・アルマーニ)のショップスタッフとして働き始めます。その後、Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)が所有するブランドClub Monako(クラブ・モナコ)のチームから才能を見出され、デザイナーとしてのキャリアをスタート。この場所で数年間経験を積みます。


2001年、ついに自身のブランドTOM BROWNW NEW YORK(トム・ブラウン・ニューヨーク)を設立。2017年にブランド名をTHOM BROWNEへと変更。ブランド開始から今日に至るまで、アメリカン・トラディショナルスタイルを軸としたメンズ&レディースウエアを世界へ展開しています。

特徴1:ブランドの核となるアメリカンスタイル

THOM BROWNEコピー最大の特徴は、1950年代〜60年代を彷彿とさせるアメリカン・トラディショナルをモダンに昇華したスタイル。金ボタンをあしらった紺のジャケットや、スクール風カーディガンからインスパイアされたアイビーリーグルックがおなじみです。(アイビーリーグとは、ハーバードやイェール大学に代表されるアメリカ私立大学8校の総称)

特徴2:デザイナーお気に入り。スタイリッシュなグレーのスーツ

THOM BROWNEファンであれば、誰もが憧れるグレーのスーツ。デザイナーのトムは、かなりの確率でグレーのスーツをコレクションに登場させており、その偏愛ぶりはファッショニスタから賞賛の眼差しで受け止められています。トムがここまでグレーにこだわる理由は「父が毎日グレーのスーツを着ていたから」「街で粋な老人がグレーのスーツを着こなしているのを偶然見かけ、目が離せなかったから」などの説が有名。私たちは「またグレーか」とニヤけつつ、奥深くユニークな新作に今季も見惚れてしまうのです。

特徴3:随所に配置したトリコロールのアクセント

ジャケットの裏地からシャツのテープ、バッグやシューズまで、ありとあらゆるアイテムに使用されているトリコロール(3色カラー)のテープ。赤、白、ネイビーの3色は、トム・ブラウンコピーが好む“アメリカの色”と、スポーティーなムードを表現しています。シャツの前立て裏部分にテープをあしらったシャツは、さりげなくトリコロールの着こなしを楽しめるアイテム。ボタンを開け、テープをチラ見せするスタイルを楽しめます。レディースのセーターは、シックなネイビーにトリコロールのアクセントが効いたデザイン。トリミング部分をコピーブランドジャケットやコートから覗かせても素敵です。

特徴4:スポーツ感覚を取り入れたデザイン

1936年に開催されたベルリンオリンピックのドイツチームコピーのユニフォームに魅了されたと話すトム・ブラウン。そのエピソードの通り、THOM BROWNEにはスポーツ的感覚を取り入れたアイテムが多く見られます。2017年7月には、THOM BROWNEコピー青山店と公式サイト、FARFETCH限定で販売されたカプセルコレクションが登場。テニスウエアから着想を得たコットンピケ素材のジャケットやプリーツスカート、リストバンドなどが発表されました。

特徴5:キュートでインパクト大なアニマルアイテム

THOM BROWNE 偽物の人気アイテムの一つであるドッグバッグは、デザイナーのペットであるダックスフントのHector Browne(ヘクター・ブラウン)をモデルにしたアイテム。 ファッション界で一番有名な犬と言われているHector は、専用のインスタグラムアカウントを用意されるほど溺愛され、高級ホテルでの食事やブランド本店でくつろぐ姿が更新されています。

ほかにも、シャークやダックなど、動物をモチーフにしたバッグや小物アイテムを発表しています。ベーシックで着心地の良いウエアが揃うTHOM BROWNEコピー。今回ご紹介した5つの特徴を照らし合わせてアイテムをチェックしていただくと、ショッピングがさらに楽しいものとなるはずです。ぜひその世界観に浸ってみてください。

出典:https://www.farfetch.com/jp/style-guide/brand/5-secrets-of-thom-browne/

Categories: トムブラウンコピー Tags: , , , ,

Comments

No Comments Yet. Be the first?

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です