シュプリームコピーシュプリームコピーリュックが超軽量

シュプリームコピーリュックが超軽量

夏のカジュアルなスタイルには欠かせないバックパック。選ぶ基準は、デザイン、機能性、容量、カラー、素材など多くのポイントがあるが、まずはバッグの重量が気になるところだろう。アメリカのブランド「SUPREME(シュプリーム)」がリリースした「Laptop Backpack」は、軽くて耐久性に優れたアメリカ製のナイロンを採用。約30Lの大容量の収納力をもちながら、300g程度の重さだ。
 
暑い季節に超軽量のブランドコピーのリュックで颯爽と歩こう

width=
シュプリームリュックコピー

 
「シュプリーム」社の調べでは、約30Lの容量をもつアウトドア向けリュックは約1000g以上、シティユース仕様で約600~900gの本体重量があるという。このスーパーコピー「Laptop Backpack」の約300gというのがいかに軽量か理解できる。

 アメリカ発のブランド「シュプリーム」の新作

このバックパックの仕様は、1994年創業当時からの定番リュック(3ポケットバックパック)を継承したドローコード付きフラップトップに、ボトムは立体的なスクエアデザインを採用。
 
アウトポケットは、広い開閉口やダブルジップファスナーをほどこし、財布やスマホなど出し入れの多いモノの収納に最適。カラーはブラックとホワイトの2色を展開する。
 
一つひとつ職人がつくりあげるアメリカ製の一品
 
シュプリームはデザイナー兼オーナーであるジム・メルヴェルが、「丹念にデザインしたバッグを高品質かつアメリカ国内でつくりあげたい」というビジョンのもと、ジムがニューヨーク大学ビジネススクールの大院生だった1994年にスタートさせたバッグブランド。デビュー当時は、機能性の良さと見た目の美しさを重要視するニューヨーク市内のダンサーやフィットネスに通う人びとが注目。近年ではファッションマーケットでもトレンドセッターとして多くの小売店で取り扱われている。
 
約20年前に数台のソーイングマシーンだけでマンハッタンのミッドタウン内に小さな工場を開設したが、その1年後にはブルックリンの大きな工場に移転。現在では約1万平方フィートのブティックサイズの自社工場を構え、シュプリームのほかに、縫製や品質スキルの高さを買われて、アメリカ陸軍や海軍用の戦地での医療応急処置用の特殊規格品を生産している。
 
代表のジム・メルヴィルは「軍需品生産で磨きをかけた工場のテクノロジーと、熟練したアメリカ人のバッグ職人がつくる “MADE IN U.S.A.” のクオリティとコストパフォーマンスを追求しています。シュプリームのバッグをもってくださる皆さんが、私たちと同様にシュプリームのコピーバッグに誇りをもっていただけることを願っています」と語る。

Categories: シュプリームコピー Tags: , ,

Comments

No Comments Yet. Be the first?

Post a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です